『3桁や4桁の品番のスニーカー』と”asics”について思う事。

ここ最近、街を見渡せば3桁や4桁の品番のスニーカーを履いている人が増えたなと実感します。

選ばれるだけあって履き心地は良いのは分かっているし、未だに「USAメイドのスニーカーを作るブランド」と言う事もあって私も大好きなシューズメーカー。

 

しかし、ここまで流行ってくると履くのが少しだけ恥ずかしくなってきます。

それでも、みんなとカブらないように”1500WBS”UKメイドや”2002CU”など履いてきましたが、、、なんだか最近履きたくなくなってきた所です。

 

ずいぶん昔の”ハイテク”スニーカーブームや、その反動で起きた”コンバース”に代表されるシンプルなスニーカーブームなどがありましたが、そんな事は全く関係なくずっと”その”スニーカーを履いてきました。

 

5年ごとに復刻される4桁品番のスニーカーは今や高値を付け、国内の女子モデルの間でもてはやされている影響か女子にまでファンが多いと聞きます。

昔、”その”スニーカーはファッション業界やスニーカーフリーク以外の人々からはダサいスニーカー(言葉が悪くてすみません)と言うレッテルが貼られていましたが、それでも好きで履いていました。

 

そんな最近のブームに少し嫌気がさして、玄関にメインで数足置いていた3桁や4桁の品番のスニーカー達は今では隅っこに追いやってしまっています。

勿論、スニーカーが嫌いになったのではなく、むしろ最近では”ハイテク”スニーカー熱が再発していて、たとえば”NIKE Flyknit””NIKE Lunarlon”ソールや”adidas Boost”テクノロジーなど、現代の最新テクノロジーで作られたスニーカーに興味があります。

 

しかし、現代の最新テクノロジーで作られた”ハイテク”スニーカーだけに興味を持っているわけではありません。

 

今、気になっているスニーカーブランドは”asics”です、中でも”GEL”シリーズが一番興味があります。

asics GEL”の誕生は1986年、当時は画期的なテクノロジーでしたが今では多くの”asics”製品に使われています。

 

f:id:kroywen_buyer:20140130000008j:plain特に”asics GEL LYTE III”のルックスはまさに『3桁や4桁の品番のスニーカー』に似ていると思っていて、良い意味で(本当に良い意味で)「ダサいスニーカー」だと思っています。

この「ダサいスニーカー」(言葉が悪くてすみません)と言うのが私のツボで、しかも日本ではあまり履いている人が少ない!と言うのも興味をそそるポイント。

 

しかし、ヨーロッパでの”asics”はもの凄い人気で、その人気は徐々に北米にも飛び火しています。

その証拠にNYやLAのイケてるスニーカーショップでは軒並み完売。前回の出張で買おうと思って探しましたが、結局マイサイズはどこにもなく諦めた経緯があります。

当然、仕入れもできませんでした(今回の出張では絶対に仕入れる!と決めていたのですが)、、、

 

f:id:kroywen_buyer:20140130000027j:plainそして”asics GEL LYTE III”のカラーバリエーションは本当に豊富でショップ単位の別注が多く、コレクションをしたくなるほどです。

ちょっとWEBで探せば、見たことないカラーの”GEL LYTE III”がいくつも発見できます。

単一品番でここまでカラーバリエーションが多いスニーカーはあまりありません。そう言った所も”asics”に興味があるポイントなのです。

 

f:id:kroywen_buyer:20140130000026j:plain

f:id:kroywen_buyer:20130123203552j:plainasics GEL LYTE III”のほかに”GEL SAGA””や”GEL-LYTE V”も素晴しくカッコよく、またカラーリングセンスも抜群です。

 

が、しかし、、、この”asics GEL LYTE III”は今日現在”asics”ジャパンでの取扱いがないのです、日本のブランドなのに。

こんなに素晴しくカッコいい商品を何故”asics”ジャパンで取り扱わないのか不思議です。

 

近い将来日本でも、この”GEL”テクノロジーの履きやすさに気づいた人や、ファッション業界やスニーカーフリークで「人とカブらないスニーカー」を探している人、『3桁や4桁の品番のスニーカー』に飽きた人などが沢山”asics”を履きだすと信じています。

もうすでに先見の目がある早い人達は履いていますし。

 

私は今、どのカラーの”asics GEL LYTE III”を買うか悩んでいる最中です、、、

 

長文のBLOG、最後まで読んで頂きありがとうございます。